スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柿木将棋VIIIの批評

柿木将棋 8棋譜の管理 Kifuexplがあるので、主な使い方は局面検索と長手数詰め将棋です。
あと慣れ親しんでいるので、棋譜の鑑賞は全て柿木将棋を使っています。

棋譜の管理 Kifuexplは、あくまでも柿木将棋シリーズに付随している棋譜管理ソフトKifuBaseを補助するために作られたものでしたが、完璧な補完をやってのけた印象があります。

柿木将棋の局面検索は非常に優秀で、棋譜の管理 Kifuexplから、KifuBase起動~KifuBaseで戦型絞込み~局面検索とすると、七万局もあるデータベースから、ちょっと待てば、全く同じ局面を探すことができます。(手順一致や端歩を無視するなどのチェックもあり)


あと柿木将棋で有名なのは、長手数の詰め将棋です。詰め将棋解答中は、非常にメモリを食うので、メモリ量を調節できるからなのか、それともプログラムが優秀だからなのかは分かりませんが…



勿論、対局するソフトとしても、非常に強いです。
第18回世界コンピュータ将棋選手権で、五位になっています。2009年度五月に行われた第19回は惜しくも二次予選敗退でした。

最強のソフトが早指しで、プロに結構勝てると言うので、トップクラスのアマじゃないと、柿木には勝ち越せないでしょう。世界で勝ち越せる人は、500人位はいるんでしょうか。


棋譜鑑賞用ソフトとして、管理者は非常に好きです。軽快さが素敵です。あと見慣れているからでしょうか、他のソフトだとあまり局面と睨めっこできませんが、柿木はできます。

棋譜解析機能も付いていて、ビシビシ指摘してくれますが、激指のリアルタイム表示の棋譜解析を知ってしまうと、あまり使う気になれません。

ネガティブなことも書きましたが、柿木将棋は間違いなく新作が出る度に買うソフトです。

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/92-c8880d95









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。