スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

居飛車党に贈る△3三角戦法対策

33kaku.png
△3三角戦法の狙いは、幅広い選択肢を持つ戦法で、一概には言えませんが、振り飛車党なら間違いなく△2二飛からの積極策が狙いになります。

その狙いを防ぐ意味でも、
四手目△3三角を見たら、とりあえず角交換して下さい。
理由:△3三角戦法を咎める▲3三同角の意味

後手は一手損して角を上がっていますし、通常の角換わりでも不満もありません。
居飛車にとって不満な序盤は、攻める事ができず、固めるにも気を使う展開だと思います。







角交換後 ▲2五歩


33kaku-25fu-matome.png非常に有力です。
後手は△2二飛としたくなります。

直線的に▲6五角の力戦に行っても面白いかもしれません。
しっかり研究されるとアマレベルでは良い勝負になります。
研究してないと振り飛車楽勝です。

他にも▲9六歩で受けますか?との質問を投げかけることができ難解です。

そして△3三角戦法の決定版対策の▲7七角
難しい変化です、いい勝負のようですが…

噂の決定版▲7七角:
△3三角戦法対策、噂の決定版△2二飛~▲7七角
実戦例:
2008/10/26 佐藤康光棋王 vs 久保利明八段 先手噂の決定版:後手向飛車
2008/10/13 谷川浩司九段 vs 橋本崇載七段 先手噂の決定版:後手△4四角



▲2五歩から▲6五角問題


33kaku.png
この図での▲6五角は、ほぼ無筋です。
△3三角と上がった以上、この定跡は知っていると思って間違いないです。

振り飛車の好手になりえる手を軽く列挙します。
突破を狙われたら、ぶつける△2二飛車
二つの香車に狙いをつける攻防の△4四角
自陣に△4四角を効かし、玉に圧力をかける△4五桂馬
自陣の守りと、桂馬を狙う△2五飛車
▲8三角成りの後の、△8二香車

無筋な理由:
△3三角戦法 必修の▲6五角打ち問題を学ぶ

でも難しい理由:
△3三角戦法 ▲6五角打ちは無筋か検証する





角交換後 ▲6八玉or▲7八金or▲9六歩


33kaku-68gyoku.png
△2二飛車を拒否する、三つの手段です。
角交換してから、▲6八玉or▲7八金or▲9六歩として下さい。

▲6八玉:
非常に非常に味わい深い手で、香車を守り易くする、5七の地点を守る意味を持っています。しかし△4四角の筋があり、少しだけ不満の残る展開になりやすい。

▲7八金:
手堅い手です。△5五角に対し、▲8八銀を用意した手です。次に▲6五角を打つことを可能にしています。穴熊を目指した手と言えます。

▲9六歩:
ゴキゲン中飛車の佐藤流▲9六歩型と全く一緒で、香車の逃げ場所を作る。




▲6八玉~△4四角の変化:
△3三角戦法 角交換後 ▲6八玉~△4四角から相居飛車へ
▲7八金の実戦例:
2008/07/30 木村一基八段 vs 谷川浩司九段 先手▲7八金:後手立石流気味
▲9六歩の変化:
△3三角戦法 角交換後▲9六歩の変化


△3三角戦法は向飛車にして攻めることを目的としているのに、△2二飛とできないのは無念

次の手で、やっと後手のターン。
候補手は:
△3二金、立石流か菊水矢倉になります。
△4二飛、形を決めないで、玉を7八まで持って行きたいと言う狙いです。


△3二金
33kaku.png


△3二金は、このような無難な、立石流に成り易いです。
勿論角交換菊水矢倉もありますが、居飛車党の方は大丈夫でしょう。

8三の地点に後手の駒が効いたら、陣形が低い内に、振り飛車は全力で暴れてきます。7六の歩を狙ったり、石田流の構えから飛車交換狙ったりします。

立石流は元来穴熊に強く、玉頭位取りに弱いと言われています。
そこを狙っても面白いかもしれません。
手順:
△3三角戦法 角交換から立石流までの細かい変化
△3三角~立石の対策:
△3三角戦法 立石流対策▲7七角 飛車浮き阻止

俗に言う「最強囲い」から、玉頭戦もお勧めできます。
実戦:
2001/01/25 谷川浩司九段 vs 森内俊之八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流


△4二飛
33kaku-42.png

狙いは8三を守ってから、△2二飛です。
▲6五角を消すまで△4二飛で待機する方針です。
ただし居飛車から急戦を仕掛けることができます。

定跡:
△3三角戦法 角交換から△4二飛への超急戦の変化





角換わりも嫌いだし、できれば角交換したくないという方は、放置して駒組みを進めて下さい。


角道を止めるのは、あまりお勧め出来ません。
角道がお互いに空いているから、振り飛車側から急戦を仕掛け難いと言う側面があるためです。
止めて頂けるなら、管理者なら△2二飛から飛車先を逆襲を狙います。受けに自信がある方なら、いい方法です。
あと局面によりますが、藤井システム△6二飛型のような形で、攻められる可能性があります。

攻めれると思われたら、振り飛車から角交換してきます。後手二手損です。得した気分になれます。
ただ勝算があるから、角交換して来る訳で、それまでは離れ駒を作らず、渋く固めて下さい
王手が掛かるような局面は絶対に避けて下さい、間違いなく飛車先を攻めてきます。

ちなみに振り飛車から角交換されてから、穴熊にすると、一度7七銀と上がらなければならず、手得が生きません。
お勧めは銀冠から穴熊です。矢倉から穴熊もいいと思います。

角が向かい合った状態だと、角が邪魔駒になってきます。その限界を先に迎えた方が角交換をすることになります。


俺相掛かり系居飛車党だから、そもそも角道を最初に開けないよ?という方もいると思います。


実際対局でも多いタイプです。
角道を開けないで、居飛車から攻めるとなれば、鳥刺しか飯島流になるのでしょう。まぁ一局としか良いようがありません。ゴキゲンを主戦に据えていた時に、嫌と言うほど対局しているので、まぁそれはそれでという感じですか。

その場合、振り飛車は向飛車か中飛車になっていると思いますので、まぁ頑張って捌かせて頂きますというのでどうでしょう。

どこかで角道を開けるタイプなら、上に戻ります。


俺、居飛車党だけど、三手目は▲4八銀だよ?という方へ


問題なく△3三角とします。他の角交換振り飛車でもいいです。

▲6五角もないですし、怖い飛車先からの急戦も遅いですし、余裕があります。比較的楽に8三の地点を守り△2二飛車にできそうな気がします。

▲4八銀と言えば、初心者大好きな右四間飛車は、最初から△4四歩を突くつもりがないので無効です。
仮に先手が角道を止め、相振りになっても、不満ありません。



以上、好きな順を選んでください。
急戦で鈴木先生は良しと思ってる局面でも、アマチュアはとても難しい局面ばかりです。自信の無い局面が多い場合もあります。
見送って固め合いでも、十分です。離れ駒に気をつければ大丈夫です。



最後に…
2ch、将棋・チェス板 後手番4手目33角戦法に張られていた神解説です。2009/01/28の解説ですが、今でも十分通用します。

後手番4手目33角戦法 ID:tke19W2G氏 レス番234-236の神解説 2009/01/28

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/88-bd5be9c2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。