スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

端歩突き越し角交換振り飛車 概略

tukikosi.png
ダイレクト向飛車にして、手得(二手損四間飛車に比べた場合)をし、さらに最序盤で端の位を取る事で相手の動きを牽制する狙い。とてもとても欲張りな戦法
序盤から主導権を握ろうとする作戦です。

これには三枚換え定跡と言うプロ間でも評価の別れる難解極まりない定跡が待っており、それを知らないとまず指せない戦法です。

端歩の二手は必ず終盤で効いてくるので、長い将棋になればなるほど、その重要性が上がります。
しかし急戦でこられると全く意味のない手になってしまうので、良し悪しがあると思います。
ちなみに先手番後手番とも三枚換えがあります。

端の位を取る事で、角換わり右玉に変化し易いとも言えます。相手の応手を見て、こちらの態度を決めることができ、幅の広い戦法です。位を取って、二手損四間飛車で大人しく駒組みすることも考えられますが、トコトン欲張りにするべきなのでは?と個人的に思っています。

その理由としてゴキゲン風角交換振り飛車以外、プロの対局では角交換振り飛車は苦戦気味です。
振り飛車からの仕掛けが成立しないと、居飛車にきっちり固めてから攻められてしまい不満が残ります。
この戦法なら端という主張がある分、互角に捌き合っても行ける気がします。

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/6-4a6a5759









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。