スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二手損四間飛車 概略

nitezon.png
向飛車に振る前に、四間飛車に一旦停止する(手損をする)戦法です。
自分から角交換をして一手損、さらに四間飛車で一手損、これにより二手損振り飛車となります。
ダイレクト向飛車登場以前の指し方で、一旦停止により▲6五角打ちの筋を消しているため、駒組みが楽になると言う意味があります。
四間飛車のままで戦えますが、千日手狙いの待ちが必要とされる点、左桂が浮いている点、四間飛車から攻める事が出来ずない点、結局向飛車になるケースが多い。
その他の変化として、立石流になる場合があります。

畠山成幸先生の著書「角交換振り飛車」の本はこの基本的に二手損四間飛車についての本です。初版が2005/07/10なので、当時は「角交換振り飛車」と言う名前は漠然と二手損四間飛車のことだったと思います。

別名として、スピード角交換戦法、二手損向飛車、穴熊にしたら東大将棋部発祥のレグスペなどがあります。

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/5-8527d7c5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。