スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鈴木大介著 「角交換振り飛車 応用編」の批評

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)
名著です。
角交換振り飛車 基礎編と併せ、全ての角交換振り飛車を解説しています。

端歩を突きこしたダイレクト向飛車の解説は、基礎編スピード角交換戦法と一緒に読むとより知識が深まるはずです。特に難解な三枚換え定跡や二枚銀急戦に対する素直な意見など素敵過ぎます。

管理者は二枚銀急戦のためにゴキゲン中飛車を辞めたタイプでしたので、勉強になりました。

9局の自戦記が収録されていて、奨励会員から佐藤康、深浦、渡辺、丸山といったトッププロもあり、読み応えがあります。

しかし、振り飛車有利の変化が多いのは、基礎編と変わらず、注意点、狙い筋を覚えるための本なのかもしれません(それで十分なのですが、やはり気になる)。


第1章 端歩突き越し戦法
第2章 ゴキゲン中飛車から角交換振り飛車へ
第3章 角交換振り飛車と実戦


鈴木大介著 角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/41-96c7c60f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。