スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイレクト向飛車 概略

direct.png

佐藤康光九段考案の戦法で、従来の角交換振り飛車には無かったスピード感と一手で向飛車に振る欲張りな戦法

何故それまで無かったかと言うと、振った直後の▲6五角打ち(△4五角)が見えていたからで、必ず馬になる変化に踏み込もうとした人は居なかったためです。
佐藤先生が▲6五角を打たせても、△7四角で指せる事を証明し流行した戦法。

振り飛車側から急戦を見せつつ指せるので、主導権を握り易い戦法であると言えます。

他の角交換振り飛車のは最終的に向飛車に落ち着く場合が多いので、それなら最初から向飛車に出来るこの戦法がいいのではと個人的に思っています。

鈴木大介先生曰く、角交換型には向飛車が一番いいらしいです。
一度、四間や中飛車に振る手損は、先攻できる可能性を残しているのに勿体無い気がします。

棒銀、△2五桂ポンと攻め筋が用意され、穴熊、美濃と囲いも選べる。
特に△2五桂ポンが、優秀な手筋であることが見直されて、角交換振り飛車全体が評価されました。

ちなみにダイレクト向飛車と端歩突き越しダイレクト向飛車の違いは、飛車を△2二に振る前に端歩を突き越している場合、端歩突き越しとしています。 三枚換え定跡の有無が戦型の呼び名の違いです。

別名として、有名な所で、佐藤流ダイレクト向飛車、佐藤流角交換向飛車などがあります。
「角交換」「佐藤流」「ダイレクト」「向飛車」の四つを組み合わせて、色々な呼び名があります。

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/4-25980cc1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。