スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【将棋】人気女流棋士として活躍した林葉直子さん、15年ぶりにプロ棋戦出場へ。。。うほほw


元記事
更新してないけど、ブログ↓
林葉直子の「お悩み晴らします」。



うはぁ、まじでw
林葉先生の将棋はリアルタイムで全然見てないんだよなぁ。
将棋はまったの遅かったし。

リアルタイムで確認してたのは、突撃先生との一件くらいだし。
ただ女流の中で飛びっきりの逸材だったことは間違いない上、いきなり優勝とかしたらどうすんだろw
すげぇ応援しようw




芸スポスレッドより

 将棋の人気女流棋士として活躍した林葉直子さん(42)が日本女子プロ将棋協会(LPSA)の公認棋戦「日レスインビテーションカップ」に出場することを14日、主催者が発表した。林葉さんは1995年に日本将棋連盟を退会しており、約15年ぶりのプロ棋戦出場となる。

 林葉さんは11歳で女流アマ名人戦に優勝し、80年に女流プロに。女流名人位、女流王将などタイトルを15期獲得したが、失踪(しっそう)騒ぎを起こすなど将棋への情熱を失い、将棋界を去った。今回は主催者特別推薦で参加し、7月の初戦で中倉彰子女流初段と対局する。

 LPSA代表理事の中井広恵女流六段は「林葉さんが今後、女流棋界に復帰するかどうかは未定。もし、将棋をもう一度やりたいのであれば、できるだけの応援をする」と語った。




晩年と言うか将棋やめる直前は、向飛車を多用してたイメージがある。

ちらちら棋譜を見てたら面白かった。
以下感想。
序盤は力戦系が多くて非常に素敵。
悪形を気にしない力強い受け。
むか~し、藤井システムの元のアイデアは林葉先生の戦法を真似したとどっかで見たのを思い出した。
持ってた棋譜で一番古い左美濃破りは、1992年の女流王位戦だった。

あと面白い棋譜があったので貼ろ。
現代でもありえそう?な、△3三角戦法▲6五角打ちの変化に似た形があった。
相振りからの変化形で、途中▲6五桂~▲5五角打ちとかちゃんとしてるよなぁ。
部分的には、自分の対局でもあった感じでビックリしやした。






一局目
1994/04/25 女流王位戦 石高(横山)澄恵女流初段 vs 林葉直子倉敷藤花
△3三角戦法~▲6五角に似た変化。
二局目
1992/05/20 第03期女流王位戦五番勝負第1局 中井広恵女流王位 vs 林葉直子女流五段
藤井システムの元ネタか? 左美濃攻略の△8二飛から玉頭戦
三局目
1992/06/04 第03期女流王位戦五番勝負第3局 中井広恵女流王位 vs 林葉直子女流五段
同じく藤井システムの元ネタかな? 左美濃攻略の△8二飛から玉頭戦
[ 2010/05/15 ] 雑文 | TrackBack(0) | Comment(0)

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/207-18acf3ee









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。