スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将棋フリーソフト 将棋所にBonanzaとGPS将棋をインストールする方法、PC初心者用。

Windows環境GPS将棋とボナンザの将棋所へのインストール方法、PC初心者用解説です。

さらっと、何故 GUI ソフト「将棋所」が必要なのかの理由。

GUI=グラフィカル・ユーザー・インターフェースという略で、将棋所は人間のための盤面を提供してくれるソフトです。
人がソフトを動かすには、盤面など目に見えるものが必要になります。

GPS将棋はそんな画面がありませんし、ボナンザも将棋ができるだけのショッパイ盤面がついています。
GPS将棋とボナンザが手を抜いているのではなく、これらのソフトは「思考エンジン」、「脳みそ」であり、プログラムを提供してくれています。
グラフィックや人間が触るためのデバッグなどを、その二つのソフトに押し付けるのではなく、あくまでも「強さ」を求めて、より良いプログラムを作ってくれているのです。

将棋所は、それらのソフトを表現する上で欠かせない、最も使い易いGUI として君臨しています。



以上、理由終わり。
できるだけ短くしたけど、難しいなぁ。



↓ウィンドウズへのインストール方法

ダウンロードするファイル



ダウンロードするファイルが四つあります。

名前ダウンロードダウンロードの場所画像
将棋所ダウンロード先syogidokoro-download.png
GPS将棋ダウンロード先gps-download.png
Bonanza(本体)ダウンロード先bonanza-download.png
u2b.exe (ボナンザの付属品)ダウンロード先u2b-exe-download.png


画像をクリックすると大きく見れますので、場所が分からないファイルがあった場合、クリックして確かめて下さい。
特にu2b.exeは、一杯あって分かり難いです。ページの真ん中ちょい下辺りです。
u2b.exeは、ボナンザを将棋所で動かす際に必須ですので、お忘れなく。

あと日々それらのファイルは更新されていますので、最新版をダウンロードして下さい。


他のGUI ソフト:
プチ将棋もありますが、将棋所の方が素晴らしいです。
プチ将棋は u2b.exe の作者様なので、何か申し訳ないです。すみません。

GPS将棋だけインストールしたい方は、以下脳内変換で、読み飛ばしたりして下さい。




■ダウンロードしたファイル:

four-logos.png

四つファイルが落せたと思います。
落した場所は、デスクトップかマイドキュメントの「Downloads」が普通です。



■ファイルの移動:
ファイルを移動させることをお勧めします。
デスクトップや「Downloads」フォルダで構わないなら、別にそのままでも大丈夫です。動きますし。

任意の場所に作ったフォルダに、四つのファイルを移動させて下さい。



■ファイルの解凍:
u2b.zip, bonanza_v4.1.2.zip, Shogidokoro.zip
↑の三つは圧縮されているので、解凍して下さい
ちなみにファイル名は、更新によって変わりますので、最新版をよろしくです。

→解凍ソフトって何な方へ WinRAR  +Lhaca



三つのファイルを解凍できたら、こんな感じ↓
three-logos-uncompressed.png




まずはGPS将棋のインストール


gps-exe.png
↑これをダブルクリックして、普通にインストールして下さい。
インストール場所は任意です。デフォルトは C:\Program Files\gpsshogi となります。

gps-install-01.png
選択言語は「Japanese」ですよねぇ。
途中、同意のチェックさえ忘れなければ、問題なくインストールできると思います。




ボナンザの下準備


bonanza-folder-logo.png
↑解凍してできた、このフォルダーをクリックして、次の階層に進む。

bonanza-folder-logo-winbin.png
↑さらにwinbinをクリックして進む。

u2b-exe-logo.png
↑最後にwinbinの中に、先ほど解凍した u2b.exe をコピーして下さい。

shogidokoro-tuika-7.png
bonanza.exe と同じフォルダに u2b.exe が入っていることが重要です。

これで下準備完了です。


難しい話:
ボナンザはUSI(Universal Shogi Interface)に準じている訳ではなく、u2b.exeはボナンザとGUIを繋ぐ役割をしてくれます。将来的にボナンザがUSIを組み込むかもしれません、その時はu2b.exeがいらなくなる可能性はあります。



将棋所の思考エンジン追加 ボナンザ編



shogidokoro-exe-logo.png
Shogidokoroフォルダ内の↑このファイルから将棋所を起動させて下さい。

shogidokoro-exe-logo.png
こんな画面が立ち上がります。

shogidokoro-tuika.png

上部タブの対局から「エンジン管理...」に進み

shogidokoro-tuika-2.png

追加ボタンを押し、エンジンの選択に入ります。
コピーした、u2b.exeを次の画面で選択して下さい。

shogidokoro-tuika-3.png

正常に追加できたらこうなります。

shogidokoro-tuika-4.png




思考エンジンの追加 GPS将棋編



同じ事をGPS将棋でしますが、多少混乱する所があります。

READMEより

singleディレクトリにあるバイナリは、逐次実行版(ひとつのコアのみ使用)です。

smpディレクトリにあるバイナリは、並列実行版(複数のコアを使用可能)です。
並列実行時は多くのメモリを使用しますので、4GBのRAMを搭載したマシンを推奨します。
マルチコアのCPUを搭載したマシンであっても、RAMが少ない場合は、逐次実行版がよいでしょう。
なお、32-bit Windowsでは、プログラムが利用するコアは上限2コアに制限されています。



CPUがシングルコアの場合は、フォルダ「single」内のgpsusi.exeを選ぶ。
マルチコアで、4GB以上RAMがある場合は、フォルダ「smp」からgpsusi.exeを選びます。

CPUが何か分からない方、意味がさっぱり分からない方は「single」を。
よく分かった方は、ご自分の環境に合わせて選んで下さい。

シングルとマルチのフォルダが違うだけで、やることは一緒です。

フォルダはデフォルトで入れれば、C:\Program Files\gpsshogi\single\gpsusi.exe
です。
shogidokoro-tuika-5.png
また同じ様に追加します。

結果は
shogidokoro-tuika-6.png

こうなると思います。


これでインストール終了です。
お疲れ様でした。


将棋所を使って、現局面の検討の使い方



一つ素晴らしい機能のご紹介です。
調べたい局面で、

shogidokoro-tukaikata-1.png

とすると、

shogidokoro-tukaikata-2.png

局面を検討する設定画面に入ります。
ここで「思考エンジン」と時間を選び

shogidokoro-with-gps-kensaku-kekka.png
(よく見たい場合は画像をクリック、盤面付き)

局面をワリワリ調べてくれます。
Core2Duoで、一分間、235万局面を比較検討して、この局面の最善手を探してくれます。


将棋系フリーソフトなどをまとめたページがありますので、よかったらどうぞ→その記事

以上で終わりますが、分かりやすかったでしょうか?

同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/157-fbdb5c04









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。