スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイレクト四間飛車 角道を止める▲6六歩への振り飛車からの攻め

direct-siken-66fu-kihon.png


▲6六歩と角道を止めるのは、基本的に穴熊志向の方が多いです。

しかしダイレクト四間飛車は、△4四歩としていないため、素早い攻勢に出る事ができます。
藤井システムなら、△4四歩~△4五歩と二手必要になりますが、ここが大きく違うところです。
メリットは二手得、デメリットは左銀が攻めに使い難く目標に成り易い。でしょうか。

▲6六歩から一直線に穴熊を目指した相手に対する攻めを考えてみます。


対穴熊よくある形への攻め



direct-siken-66fu-henka-25kei.png




▲7八金までは居飛車側良く有る構えです。
ですが、嵌っています。特に変化も出来ずに、攻め潰されることが決定しています。

▲9八香が敗着で、何らかの対策が居飛車側に求められます。
桂馬跳びを拒否する▲8六歩。
もう一つは、7八玉待機です。


桂馬跳びを拒否する▲8六歩


direct-siken-66fu-henka-86fu.png




この歩を突かれたら、急戦を仕掛けることはできません
左銀の応援が無いために攻めが軽いのがネックになっています。

フラッシュの順は、鈴木先生の基礎編に沿った形で多少変えています。振り飛車良しの結論らしいですが、まだまだ難しい流れだと思います。


管理者のお勧め7八玉待機


direct-siken-66fu-henka-taiki.png

残念ながら、最初に形を決める飽和点を先に迎えるのは振り飛車です。
振り飛車から急戦を狙いたいところですが、角道に玉が入っていないと幾らでも受けが効きます。

対局中、あぁこいつ知ってるな。と思えば、端を受けたり、金を上がるなど、待機に徹すると、どうしても先に態度を振り飛車が決めなくてはなりません。
攻める△6二飛、守る△5二金左、銀冠狙いの△8四歩、通常系に戻す△4四歩などが候補手でしょうか。


△6二飛がある内は、急戦を狙いつつという方針で指しています。
ミレニアムや銀冠から穴熊など、居飛車は沢山の選択肢の中から囲いを選ぶことができます。



同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/152-34a24190









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。