スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイレクト向飛車 ▲6五角~▲4三角成り~▲7五金

direct-65kaku-43-52kin.png

ダイレクト向飛車必修の筋、▲6五角~▲4三角成り~▲7五金

狙いは、他の変化に比べて、先手の歩得になっています。
その代償は、金を後手の持ち駒に加えることです。長引けば必ず歩得は生きるとの考え方です。

しかし角と金があると、かなり先手の動きが制限され、難しい駒組みになります。


実戦例:
2009/05/19 神崎健二七段 vs 大石直嗣四段 先手▲6五角~▲7五金:後手端歩突き越し


角を取ってこないケース



フラッシュでは、△6四歩としていますが、他には端歩を伸ばしたり、8四歩を突いてみたりするといいかと。角を取らないと逃げますよとの宣言です。
お勧めは△6四歩です。


ちなみに▲6四金と歩が取れて美味いじゃんと思った方は、惜しいです。
▲6四金 △8五角 ▲8六歩 △9四歩 ▲9六歩 △8四歩で、上手くできてて、ちゃんと角に逃げられてしまいます。歩二枚と角の交換で、金が全く使えず、投了級の形勢になります。

この手順は、鈴木先生のに近い形で、右玉にしました。ここから銀を繰り替え、▲4六歩を目標に攻めていく方針で指します。もし角道に玉が入っているなら、玉頭からガンガン攻め込めると思います。


居飛車の方針


攻めたいですが、攻めるためには、銀と桂馬を活用しなければなりません。その二つを前線に繰り出すと後手の持ち駒の角と金だけで、手になったりしてしまうので躊躇してしまうところです。桂馬が上がると場合によっては、△5九角だけでかなり得できたりします。

よって固めたいですが、矢倉や銀冠は、角筋の直射にあって振り飛車方針が立て易い。角を打った瞬間米長玉というのも端との関連で考えなければなりません。

通称ボナンザ囲いも多いです。急戦を意識してのことだと思いますが、堅さ負けするほど、堅くないので普通にのらりくらり指して十分でしょう。

厄介な一目散に穴熊に行く順を見てみます。


居飛車穴熊



組めますが、バランスが悪そうです。しかし途中で咎める手もないので、有力です。(佐藤先生は急戦を仕掛けたりします、マネできないので棋譜を…

今回は角を打っていますが、持ち駒にとっておいて、居飛車の動きを待つ方針もいいと思います。

あと金を持った形で、重要な手として、△5四角or△4五角に気をつける必要があります。
▲3八銀型では無い手ですが、▲4八銀型だと、角打ちから△2七金で飛車が取れます。6七の地点が空いた場合、狙うといいでしょう。

4筋の切れた藤井システムのように見えます。何となく得しています。

居飛車穴熊は端という目標があるので、個人的に指し易いと思っています。
△4二飛から、振り飛車左辺を放置して、地下鉄飛車なんて作戦もありました。


結果


▲6五角~▲4三角成り~▲7五金は、大体右玉になります。
勿論、急戦を仕掛けることもできますが、銀の繰り替えが一番しっくりくる感じです。
居飛車が歩得を生かし切るかがポイントになります。
振り飛車は、一歩欲しいです。とにかく一歩。それだけあれば、角金と歩でかなり手筋が増えます。
4五辺りで一歩取れたりしたら、幸せなんですけどねぇ。


同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/139-a8e44dfd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。