スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

△3三角戦法 ▲6五角打ちは無筋か検証する

33kaku-45kaku.png

角交換から▲6五角は、無筋である。。。本当にそうなのか?
実力の範囲内で検証してみたいと思います。

そう思い立った理由は、2chスレッド 後手番4手目33角戦法
521氏の手順が気になったからです。

並べてみると確かに難しい。
鈴木先生が振り飛車良しと断言しているため、▲4三角成りの筋の解説は一切ありません。
▲4三角成りの代わりに、香車受けてくれたりすると振り飛車良しになるんですが…

調べられる限り棋譜の同一局面を探しましたが、プロの実戦例で▲6五角を打った棋譜はなかったです。






ちなみに521氏の書き込み
521 名前:名無し名人[] 投稿日:2009/09/18(金) 10:42:06 ID:g0IBskpn
大介本にもあったけど45角を先手がうつと先手不利となるけど
いい勝負じゃないか?森内も危険とか>>30で言ってるが。

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3三角 ▲同角成 △同 桂
▲2五歩 △2二飛 ▲6五角 △4五桂 ▲4三角成 △5七桂不成
▲5八飛 △4九桂成 ▲同 玉 △4二飛 ▲5三飛成 △5二金右
▲4二馬 △同 銀 ▲2三龍




この手順をみると、まぁ良い勝負。振り飛車良しとも思わないけど、指せなくもない…こんなはずじゃないんですよ。多分。

激指は▲5二飛をあまり評価しませんが、人間の目には、この手が良い手に見えます。
桂金交換の駒損とはいえ、玉へ効きができ逆に後手の飛車は大体取られそうな上、全く効いてません。
持ち角金と駒の勢いの差です。
この変化でも正確に指せれば後手勝ちなのでしょうが、アマチュアにはしんどい対局のように見えます。

この手順中、ふと思うのは、△5五角と△5二金右。



16手目△5二金右




まず16手目△5二金右から、▲3四馬と逃げるのが落ち着いた手でしょうか。
難しいですが、△4二飛と周って圧力をかけてみたい。洒落て▲3三馬の準王手飛車には、△2二角で振り飛車良しでしょう。
2七の角打ちがありますし、ここは飛車成りを受けないとまずそう。▲3八玉かなぁ。
激指は▲5七飛を推奨していますが、どうでしょう。


フラッシュの棋譜は、激指と10秒将棋。
途中何となく振り飛車指し易そうくらいにはなったような。。。まぁ腕力で負けましたが。




次、△5五角には…



局面は戻って、12手目の△5七桂不成りに変えて、△5五角。


同じ感想を持った方の意見。
528 名前:名無し名人[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:29:05 ID:sZ/a+r37
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3三角 ▲同角成 △同 桂
▲2五歩 △2二飛 ▲6五角 △4五桂 ▲4三角成 △5五角
▲8八銀 △3七桂不成▲同 桂 △同角成 ▲6八玉 △6二玉
▲7八玉 △5五馬 ▲7七銀 △4二飛 ▲3四馬 △4七飛成
▲4八飛 △同 龍 ▲同 銀 △2九飛 ▲3九飛 △同飛成
▲同 銀 △1九馬 ▲4四歩 △8五桂 ▲4三歩成 △7七桂成
▲同 桂 △7二玉 ▲5三と △6四馬

若干後手いいか?



▲8八銀の時、▲9八飛もありそうだが、桂馬が跳んでるので、逆の香車が浮く。
▲6八玉がぬるい気がするから、ここで▲3三馬とか、もたれておいてどうかな。少なくとも飛車は捌けない。




結論






自分なりの先手後手ハイブリッド指し。


▲6五角打ちの個人的結論:
どう見ても良い勝負にしか見えない。


対局相手が、この変化をやってきたら、事故に合ったと思うしかなさそう…




鈴木宏彦さんの「イメージと読みの将棋観 」より>>30に書いてあったこと。
30 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2008/10/19(日) 00:59:06 ID:G8JlnRjv
羽生 「▲同角成 △同 桂▲6八玉とします。
     序盤早々に3三に桂が行くのはあまり好形とは言えないし
     後手の指し方には違和感があります」
佐藤 「▲同角成 △同 桂 ▲4八銀△4二飛あるいは△3二金から
     振り飛車模様にしてほぼ互角。後手も五割近く勝てると思います。
     3三の桂頭が狙われるのでどうカバーするか」
森内 「もちろん▲同角成。△同 桂▲2五歩△2二飛▲6五角は△4五桂で危険。
     △同 桂▲6八玉△3二金▲4八銀という将棋になりそう。
     先手勝率は初期値と同じ53%」
谷川 「▲同角成△同 桂▲2五歩△2二飛▲6八玉△4二銀が考えられるが
     後手の△3三桂をとがめきれるかどうか。
     ほとんど一局の将棋で結構有力」
渡辺 「▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△3三角と違ってこれは有効。
     ▲同角成△同 桂▲6八玉△3二金から後手は四間にして結構指せる
     これは一局。先手勝率53%」
藤井 「角交換は常に銀で取りたい。よって2二銀とされる前に▲同角成とする一手。
     △同 桂▲6八玉△3二金に手堅く指すなら▲7八金
     後手は向い飛車にし難く、できても立石流。3三桂は作戦の幅が狭く自由度がない」





同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/120-966e9212









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。