スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変幻自在!! 窪田流3三角戦法の批評

変幻自在!! 窪田流3三角戦法 (マイコミ将棋BOOKS)
良著です。

窪田先生の△3三角戦法に特化したです。
振り飛車苦労する変化もあり、納得の内容です。基本的な変化である▲6五角から、角を交換しない変化、独自の石田流っぽい変化など多彩です。
特に角を交換しない変化の五章は、よく読みました。
△3三角戦法には、角交換するのがベストですが、実際、角交換してくる人は少ないです。

鈴木先生の角交換振り飛車、基礎編応用編と同じ位内容は濃いですが、選択肢が渡り過ぎ、全体的にもう少しと言う感じがあります。


内容紹介
本書は後手番の作戦として注目を浴びている、4手目△3三角戦法を解説した本です。この戦法は相手の出方しだいでいろいろな戦型へと進展可能ですが、本書では振り飛車にする戦いを解説しました。
△3三角戦法の長所は、角道を通しているので居飛車穴熊に組まれにくく、また攻勢が取りやすいことです。自分のペースで戦いたい方にとって、ピッタリの作戦です。詳しい講座と自戦記を載せたので、急所をバッチリ押さえて実戦で試してください。
内容(「BOOK」データベースより)
本書は後手番の作戦として注目を浴びている、4手目後手3三角戦法を解説した本です。この戦法は相手の出方しだいでいろいろな戦型へと進展可能ですが、本書では振り飛車にする戦いを解説しました。後手3三角戦法の長所は、角道を通しているので居飛車穴熊に組まれにくく、また攻勢が取りやすいことです。自分のペースで戦いたい方にとって、ピッタリの作戦です。詳しい講座と自戦記を載せたので、急所をバッチリ押さえて実戦で試してください。




序章4手目△3三角戦法の狙い
第1章角交換型VS向かい飛車
第2章角交換型VS四間飛車
第3章角交換保留型VS中飛車
第4章角交換保留型VS石田流
第5章角交換保留2五歩型VS向かい飛車
第6章実戦編


同カテゴリー関連最新記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kakukoukan.blog113.fc2.com/tb.php/108-ee2def52









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。