.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棋王戦第2局の序盤について考える。中盤以降は興味ないのでw

今日対局があった棋王戦第2局 久保利明棋王 対 佐藤康光九段。
序盤だけ考えます。定跡マニアなのでw
↓棋譜:
http://live3.shogi.or.jp/kiou/kifu/kiou100227.html


kiousen-2-78kin.pngkiousen-2-22hi.png


丸山ワクチンの▲7八金型。穴熊志向の考え方ですよね。
まあ▲2四歩と行くのは王手飛車のラインがあったり、5七の地点が開いてたりで無理。
▲4六歩はそれを防ぐ意味。一手余裕ができたから△3三銀。

△8四歩は銀冠を目指した構えですが、居飛車穴熊にきっちり組まれたら振り飛車銀冠にしても不満。
▲4七銀は振り飛車の棒銀を誘発した気がします。
早めに動くのは当然の流れで、佐藤康光の力戦振り飛車でも似たような解説がありました。
仮に先手がもう一手待てば、△8三銀として急戦はなかったような気がします。



kiousen-2-24fu.pngkiousen-2-33kei.png


△4一金のままだし、王手はかかるし、急戦の条件はばっちり決まっているはずです。
△2六歩の王手飛車狙いの垂らし効きそうですしねぇ。
▲7七角のように角を据えるのは、私の実戦でも多い指し方です。
桂馬をただで上がらせてもらって、すっごく嬉しいんですよね。
部分的に▲3六銀や▲3六歩の方が、角交換振り飛車棒銀を受けるには合っている気がします。
▲5六角から2三の地点睨んだ形は嫌いです。

よく思うんですが、プロの対局で何故王手がかかる形をあえて残すんでしょうかねぇ?
攻めを狙っている相手に、なんで攻め筋をプレゼントするのか良く分かりません。
例えば鈴木先生の角交換振り飛車基礎編で言うと、55pの図とか。




kiousen-2-27fu.pngkiousen-2-36gin.png


△2七歩から決戦に持ち込む久保先生。
他にも△2六歩からもったり指す方針もあったはずですが、激しい順が好きなんですねぇ。

飛車が成りこめた局面を振り飛車党の目で見ると、大優勢の気分です。
互角なんでしょうが、まぁ何となく勝った気分になります。


以上、思ったことを適当に☆(ゝω・)v



この戦型の詳しい棋書:

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)
角交換振り飛車 応用編


スポンサーサイト
[ 2010/02/27 ] 雑文 | TrackBack(0) | Comment(0)

棋王戦、63手までの感想

駒割は、金銀香と飛車の交換ぐらいかな
桂馬取り返せるし、▲5三桂の割打ちもあるし、そんなに離れてない印象。
先手飛車が隠居してるのが、辛いですね。

希望は振り飛車の玉頭に角筋が通ってる点が主張なんですかねぇ。
△4八金から飛車を強引に詰ましに行って、後手有望とみたw

あぁでも馬動くと、▲5三桂があるのか~難しいなぁ~

[-226] ▲5六角(47)△5五銀打▲6五角(56)△6四銀(55)▲2一飛打△5二金(41)▲3三歩成(34)△6五銀(64)▲4三と(33)△同金(52)


タイプしている内に△4八金でしたのぉ
[ 2010/02/27 ] 雑文 | TrackBack(0) | Comment(0)

棋王戦、久保vs佐藤の昼食休憩までの感想。

ぉ、棋王戦ですか。
丸山ワクチンから穴熊志向の▲7八金ねぇ。佐藤流▲9六歩よりも固めたいとw

ゆっくりしていると、振り飛車作戦負けになりそうだから、早めに動いた局面なんですね。

角交換振り飛車からの棒銀でよくある筋、30手目の▲7七角は、個人的に振り飛車の得だと思ってるんですがねぇ。
ただで桂馬跳べますし。2筋で結構効く場合が多いですし。
△2五銀と立った時に、二つ紐がついているのが嬉しいんですよねぇ。

まぁ私の対局の場合は「なんだその棒銀w ありえねえよw」って咎めにきて、角合わされて (´・ω・`)ショボーン な気がしますが。


GPSの読み筋:
[357] △2五銀(24)▲7七角打△3二金(41)▲3八金(49)△2六銀(25)▲2七歩打△1五銀(26)▲9九玉(88)△8三銀(72)▲1六歩(17)△2四銀(15)▲8八銀(79)
[276] △2五銀(24)▲5三角打△5二金(41)▲3一角成(53)△2四飛(22)▲9九玉(88)△2六銀(25)▲3二馬(31)△4四角打▲8八銀(79)
[371] △2五銀(24)▲9九玉(88)△2七歩打▲3八飛(28)△5二金(41)▲3五歩(36)△同歩(34)▲5八金(49)
[166] △4四角打▲7七桂(89)△2六歩打▲5八金(49)△2五銀(24)▲3七桂(29)△1四銀(25)▲1六歩(17)
[86] △8三銀(72)▲9九玉(88)△7二金(61)▲5八金(49)△2五銀(24)▲8八銀(79)△2七歩打▲同飛(28)
[145] △8三銀(72)▲9九玉(88)△2六歩打▲5八金(49)△7二金(61)▲8八銀(79)
[324] △8三銀(72)▲9九玉(88)△7二金(61)▲5八金(49)
[250] △8三銀(72)▲7七角打
[48] △2五歩打▲9九玉(88)

私の予想も△2五銀ですな



第35期棋王戦五番勝負第2局(2月27日)
久保利明棋王 対 佐藤康光九段
↓中継先:
http://live3.shogi.or.jp/kiou/kifu/kiou100227.html
[ 2010/02/27 ] 雑文 | TrackBack(0) | Comment(0)

将棋棋譜五万局DBの作り方(Kifuexpl、2ちゃんねる棋譜)。無料。PC初心者用。

自前の五万局棋譜データベースを作る方法、Windows用。PC初心者の方のために画像多目。
指定局面検索の方法にも触れています。

DBは棋譜の管理「Kifuexpl」2ちゃんねる棋譜組み合わせて作ります。
ネット中継やNHK杯、将棋界の一番長い日、名人戦、竜王戦のテレビ中継のお供に如何でしょう。

ちなみに将棋連盟が保持している棋譜は六万局以上あるそうです。
遜色ない数のデータベースが持てます。
「将棋の棋譜貼り専門スレッド倉庫」には、将棋・チェス板 将棋の棋譜貼り専門スレッド に貼られた棋譜を元に五万局以上の棋譜があります。
皆さんに感謝致しましょう

管理者は将棋倶楽部24の棋譜と「将棋の棋譜貼り専門スレッド倉庫」合わせて八万局ほどデータベース化しています。



↓データベースの作り方。

(これ清書しないとなぁ)

△3三角戦法からの立石流 棋譜案内所

立石流関係の棋譜が増えてきたので、戦型別のアーカイブなど。
△3三角戦法に対して、角交換をする方が増えてきたので、ここまで研究されると正直辛い気がします。
普通の立石流はありません。全て△3三角戦法からの派生です。


居飛車の対策、▲7七角の飛車浮き拒否の棋譜





2009/01/15 窪田義行六段 vs 宮田敦史五段 先手立石流▲6七金:後手△3三角
2008/06/10 塚田泰明九段 vs 小林健二九段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2008/02/21 藤井 猛九段 vs 遠山雄亮四段 先手立石流▲6七金穴熊:後手△3三角
2006/05/01 北浜健介七段 vs 窪田義行五段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2006/03/14 真田圭一七段 vs 畠山成幸七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2006/01/20 森下 卓九段 vs 杉本昌隆六段 先手▲7七角:後手立石流
2003/01/17 深浦康市七段 vs 鈴木大介七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2002/12/16 杉本昌隆六段 vs 久保利明七段 先手▲7七角~銀冠:後手立石流△4三金~向飛車




居飛車の対策、最強囲いの棋譜





2008/05/12 中座 真七段 vs 丸山忠久九段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流
2008/03/13 daikusan vs jijikoro 先手玉頭+最強囲い:後手立石流
2004/12/23 井上慶太八段 vs 窪田義行五段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~穴熊
2003/10/21 藤原直哉六段 vs 平藤眞吾六段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流
2003/08/22 中川大輔七段 vs 森下 卓八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流
2002/09/04 宮田敦史四段 vs 武田俊平アマ王将 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~△4四角
2001/01/25 谷川浩司九段 vs 森内俊之八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。