スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

△3三角戦法からの立石流 棋譜案内所

立石流関係の棋譜が増えてきたので、戦型別のアーカイブなど。
△3三角戦法に対して、角交換をする方が増えてきたので、ここまで研究されると正直辛い気がします。
普通の立石流はありません。全て△3三角戦法からの派生です。


居飛車の対策、▲7七角の飛車浮き拒否の棋譜





2009/01/15 窪田義行六段 vs 宮田敦史五段 先手立石流▲6七金:後手△3三角
2008/06/10 塚田泰明九段 vs 小林健二九段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2008/02/21 藤井 猛九段 vs 遠山雄亮四段 先手立石流▲6七金穴熊:後手△3三角
2006/05/01 北浜健介七段 vs 窪田義行五段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2006/03/14 真田圭一七段 vs 畠山成幸七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2006/01/20 森下 卓九段 vs 杉本昌隆六段 先手▲7七角:後手立石流
2003/01/17 深浦康市七段 vs 鈴木大介七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金
2002/12/16 杉本昌隆六段 vs 久保利明七段 先手▲7七角~銀冠:後手立石流△4三金~向飛車




居飛車の対策、最強囲いの棋譜





2008/05/12 中座 真七段 vs 丸山忠久九段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流
2008/03/13 daikusan vs jijikoro 先手玉頭+最強囲い:後手立石流
2004/12/23 井上慶太八段 vs 窪田義行五段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~穴熊
2003/10/21 藤原直哉六段 vs 平藤眞吾六段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流
2003/08/22 中川大輔七段 vs 森下 卓八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流
2002/09/04 宮田敦史四段 vs 武田俊平アマ王将 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~△4四角
2001/01/25 谷川浩司九段 vs 森内俊之八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流


スポンサーサイト

2009/01/15 窪田義行六段 vs 宮田敦史五段 先手立石流▲6七金:後手△3三角

先手窪田六段の▲7七角戦法からの立石流。
後手スーパー敦史君の飛車浮きを拒否する△3三角。
△8五歩が入っていないため、先手楽な駒組みに。後手は四枚美濃に組上げ戦機を伺う展開に。


第22期竜王戦5組ランキング戦2回戦
「窪田義行六段」vs「宮田敦史五段」
2009/01/15
先手立石流▲6七金:後手△3三角


2008/06/10 塚田泰明九段 vs 小林健二九段 先手▲7七角:後手立石流△4三金

先手▲7七角から飛車浮きを拒否しする。
早めの△2二銀~△4三金から桂馬の頭を守るが、あくまでも桂頭に狙いをつける先手。



第67期順位戦C級1組01回戦
「塚田泰明九段」vs「小林健二九段」
2008/06/10
先手▲7七角:後手立石流△4三金



2008/05/12 中座 真七段 vs 丸山忠久九段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流

後手丸山九段の△3三角戦法~立石流。
先手中座七段は最強囲いからじっくりした展開に。



第49期王位戦リーグ白組4回戦
「中座 真七段」vs「丸山忠久九段」
2008/05/12
先手玉頭+最強囲い:後手立石流


2008/03/13 daikusan vs jijikoro 先手玉頭+最強囲い:後手立石流

後手jijikoroさんの△3三角戦法から立石流。
先手daikusanさんは最強囲いを選択。
通常玉頭位取りに移行中に、後手は△5三角から動きを見せる。


レーティング対局室(早指し)
「daikusan」vs「jijikoro」
2008/03/13
先手玉頭+最強囲い:後手立石流


2008/02/21 藤井 猛九段 vs 遠山雄亮四段 先手立石流▲6七金穴熊:後手△3三角

先手番ファンタジスタ先生の▲7七角戦法から立石流。
振り飛車党の後手遠山四段は立石流二大対策の一つ△3三角を採用。
藤井先生は立石流▲6七金から穴熊の趣向を見せ、難解過ぎる中盤戦へ。


第56期王座戦二次予選決勝
「藤井 猛九段」vs「遠山雄亮四段」
2008/02/21
先手立石流▲6七金:後手△3三角


2006/05/01 北浜健介七段 vs 窪田義行五段 先手▲7七角:後手立石流△4三金

立石流対策の▲7七角を打つ先手北浜七段。
後手窪田五段の△4三金から、飛車先を巡る攻防になる。



第56回NHK杯戦1回戦第07局
「北浜健介七段」vs「窪田義行五段」
2006/05/01
先手▲7七角:後手立石流△4三金



2006/03/14 真田圭一七段 vs 畠山成幸七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金

後手畠山七段の立石流に対して、先手真田七段の▲7七角から浮き飛車を拒否する指し方。
後手は△4三金から桂頭を受け、玉頭方面から果敢に攻める展開に。


第14回銀河戦本戦Aブロック07回戦
「真田圭一七段」vs「畠山成幸七段」
2006/03/14
先手▲7七角:後手立石流△4三金


2006/01/20 森下 卓九段 vs 杉本昌隆六段 先手▲7七角:後手立石流

立石流に対し先手森下九段は▲7七角で飛車上がりを拒否し攻勢を取る。
後手杉本六段は、受け止める方針。


第77期棋聖戦最終予選C組2回戦
「森下 卓九段」vs「杉本昌隆六段」
2006/01/20
先手▲7七角:後手立石流


2005/12/16 屋敷伸之九段 vs 畠山成幸七段 先手矢倉気味:後手△3三角~立石流

先手屋敷九段は、バランス重視の構えで、立石流の動きを牽制する。
低い構えで動き続ける小林九段。
押さえ込みが成功するかどうかの一局。


第64期順位戦B級2組08回戦
「屋敷伸之九段」vs「畠山成幸七段」
2005/12/16
先手矢倉気味:後手△3三角~立石流


2004/12/23 井上慶太八段 vs 窪田義行五段 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~穴熊

後手窪田五段の△3三角戦法からの立石流。
先手井上八段は最強囲いで応戦する。
手詰まり模様の後手は穴熊に移行する展開に。


第76期棋聖戦最終予選B組1回戦
「井上慶太八段」vs「窪田義行五段」
2004/12/23
先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流


2003/10/21 藤原直哉六段 vs 平藤眞吾六段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流

先手藤原六段、玉頭位取りと最強囲いの立石流対策。
後手平藤六段は、金銀を繰り替え、玉を逃げる道を作ると同時に手待ち。
先手狙いの▲4六角から攻勢にでる。


第62期順位戦C級2組05回戦
「藤原直哉六段」vs「平藤眞吾六段」
2003/10/21
先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流


2003/08/22 中川大輔七段 vs 森下 卓八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流

森下八段の△3三角戦法からの立石流に対して、最強囲いで対抗する先手中川七段。△5四歩~△5三角と早めに動く後手。
歩突いただけなのに、手になるんですねぇ。玉頭って…


第62期順位戦B級1組04回戦千日手指し直し局
「中川大輔七段」vs「森下 卓八段」
2003/08/22
先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流

2003/01/17 深浦康市七段 vs 鈴木大介七段 先手▲7七角:後手立石流△4三金

先手深浦七段は立石流に対して▲7七角から浮き飛車を拒否する。
後手鈴木七段は△5二金~△4三金右と右金で上部開拓を図る。


第61期順位戦B級1組09回戦
「深浦康市七段」vs「鈴木大介七段」
2003/01/17
先手▲7七角:後手立石流△4三金


2002/12/16 杉本昌隆六段 vs 久保利明七段 先手▲7七角~銀冠:後手立石流△4三金~向飛車

立石流を牽制する意味で、先手杉本六段は▲7七角と飛車を浮かせない手を放つ。
後手久保七段は離れ駒なく向飛車に構え攻勢を狙う。



第74期棋聖戦最終予選C組1回戦
「杉本昌隆六段」vs「久保利明七段」
2002/12/16
先手▲7七角~銀冠:後手立石流△4三金~向飛車



2002/09/04 宮田敦史四段 vs 武田俊平アマ王将 先手玉頭+最強囲い:後手立石流~△4四角

銀河戦でのプロアマ対局。
後手武田アマ王将の立石流に対し、先手スーパー敦史君の最強囲い。
立石流は玉頭戦に弱いので、早めの△4四角から動きに出る後手。


第11回銀河戦本戦Bブロック01回戦
「宮田敦史四段」vs「武田俊平アマ王将」
2002/09/04


2001/01/25 谷川浩司九段 vs 森内俊之八段 先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流

後手森内八段の△3三角戦法~立石流。
先手谷川九段は、立石流に強いといわれる玉頭位取りと最強囲いで対応する。
後手動きの難しい展開へ。


第14期竜王戦1組ランキング戦1回戦
2001/01/25
「谷川浩司九段」vs「森内俊之八段」
先手玉頭+最強囲い:後手△3三角戦法~立石流










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。